構築済みデッキを買ってひたすら友とデュエルをしていたM:TGを始めて間もない頃。
クリーチャーを並べて殴り合いを繰り返し、より大きなクリーチャーを召喚する事が最強の戦術と信じていたときに、突然出会った
「カウンターします。」
一瞬、意味がわからず相手のカードを手に取り、そこに書かれた呪文を確認する。
そこには、「Counter Target Spell」と一言書かれている。
それ以来、「対抗呪文」を目の敵にして、打ち消される以上のクリーチャーを入れる事を唯一の対抗策としてクリーチャーを増強しては玉砕の日々。
ふと、あんなに嫌なカードなんだから使ってみようかなとわずか2枚入れた「対抗呪文」が通ったときの快感を忘れられずに、対抗呪文の深みに嵌ってしまいました。



基本は、やっぱり「島」ということで...

対抗呪文がスタンダード環境にあったとき、「MTG史上最強のカードは何か?」というテーマの答えに必ず入っていたのが「島」。

曰く

「アンタップの島2枚ほど凶悪なものは無い・・・・」

「タップするだけで青マナが出る・・・・」

「島60枚でデッキ組んでみた・・・・」

対抗呪文を中心に語られる「島」最強説、良い時代でした(遠い目

右の基本地形「島」はβ版に収録されたものです。β版の基本地形は平地・沼・森・山・島ともに朝・昼・夕暮の3種類が収録されています。
ちなみに、島のイラストは、対抗呪文と同じMark Pooleの描いたものです。
中央のカードはα版です。
                              画像をクリックすると拡大します

対抗呪文の歴史(随時更新中)
My Collection
その他いろいろ










【トップページ】  【対抗呪文の歴史】  【My Collection】  【その他いろいろ】
Copyright (C) 2001-2018 Guckie All Rights Reserved.